セカンドパートナー関連記事

セカンドパートナーと不倫の違いは?どこからが浮気になるの?

更新日:

最近話題のセカンドパートナーですが、「不倫と何が違うの?」と疑問に思われている方も多いかと思います。そこでこのページでは、セカンドパートナーと不倫は何が違うのか、セカンドパートナーとはどのような関係なのか、といったことを解説していきます。

セカンドパートナーを探す方法はこちら

不倫は既婚男女の肉体関係


不倫は「少なくとも片方が既婚者で、肉体関係を持つこと」です。肉体関係とは少し生々しいですが、男性器を女性器に入れることを指します。そのため、男性器を口に含む行為や女性器を舐める行為でも不倫にならないと解釈することが可能です。

性器の挿入行為があれば不倫になりますが、それ以外の類似する行為だと裁判で争う余地があるということです。もちろん挿入行為があった際にも不倫ではなく強姦であった、といった争いはありますが、挿入行為以外ならお互いに合意のうえであっても不倫とならない可能性があるのです。

これは一般論と法解釈が少し分かれる点です。よく該当インタビューなどで「どこからが不倫?」といった質問がされていますが、その際には多くの人がキスからが不倫、デートしたら不倫、といった回答をしているようです。

つまり、世間の認識では法解釈よりも不倫の基準が厳しめのようです。

セカンドパートナーは不倫から肉体関係を引いたもの

セカンドパートナーと不倫の最大の違いは、「肉体関係の有無」です。肉体関係がないのがセカンドパートナー、肉体関係があるのが不倫、ということになります。また不倫は肉体関係がある分、心理的にも重くなりがちです。

不倫からの略奪婚や、そもそも今のパートナーと別れて新しく不倫相手と結婚する前提で不倫しているケースも多いでしょう。一方で、セカンドパートナーは今の家庭環境も大切にしている人が多いです。

今の家庭環境を壊さない範囲で恋愛を楽しみたいからこそ、あえて不倫ではなくセカンドパートナーという形式を選んでいるのです。肉体関係のないセカンドパートナーでも離婚や慰謝料請求の対象になる可能性はありますが、少なくとも不貞行為には該当しません。

セカンドパートナーと不倫の違いは肉体関係の有無ですが、それによって当事者達の心境にも違いがあります。

セカンドパートナーから不倫に発展することは多い

セカンドパートナーは肉体関係を持たないプラトニックな関係ですが、それを続けているうちに不倫に発展していく可能性はあります。また、そもそもセカンドパートナーという意識がないままそのような状況になり、最終的に不倫につながるケースもあるでしょう。

むしろ多くの場合不倫の前段階としてセカンドパートナーを経ている場合がほとんどと言えます。知り合っていきなり肉体関係を持つ場合は話が別ですが、仲良くなって、一緒に食事や出かけるようになり、気付いたら会う頻度が増えていた、といった経緯をたどるパターンが多いです。

特にもともとの知り合いと不倫関係になる場合、出会い系で出会った男女のように急に肉体関係を持つことは稀です。つまり、意識的にせよ無意識的にせよ、不倫の前段階としてセカンドパートナーの状態を経ているのです。

逆に言えば、注意してセカンドパートナーで留めておかないとすぐに不倫関係になってしまうでしょう。お互いに好きな男女が集まっているので、油断すれば肉体関係を結んでしまいます。

セカンドパートナーがいる方は30代~50代くらいの年代に多いのですが、まだまだ性欲のある年齢です。女性は女性ホルモンが減ってくる30代以降に男性ホルモンが優位になって性欲が増すといったことがよく言われていますが、実際性欲が強まる女性も多いようです。

最初はセカンドパートナーで満足していたもののそこから不倫に発展し、さらに別の方とも不倫し、結局不倫にハマってしまうようなパターンもあります。不特定多数の不倫にハマってしまう場合、恋愛目的というよりは性欲を満たすことが目的になります。

最初は恋愛を楽しんでいたのに徐々に不倫に発展し、そこからはひたすら性欲を満たす日々になってしまう可能性もあるので、そういったハマり方には注意が必要でしょう。もしもパートナーにバレたら当然不貞行為に該当し、離婚の申し出があればまず避けられません。

慰謝料も発生するので、一時的な性欲発散の対価としては重すぎるでしょう。セカンドパートナーから肉体関係に発展する場合は、パートナーにバレないようにすることや、万が一バレたら離婚につながるという覚悟が重要です。

家庭を絶対に壊したくない方は、不倫にならないようにした方が良いですね。またそもそもセカンドパートナーは不貞行為には該当しないものの、婚姻関係を継続するのが難しい事由に該当する可能性はあります。

そういう意味では、家庭を絶対に壊したくない方はそもそもセカンドパートナーも持たない方が良いと言えるでしょう。ある程度のリスクがあることは把握し、リスクとうまく付き合いながら楽しめると良いですね。

セカンドパートナーを探す方法はこちら

-セカンドパートナー関連記事

Copyright© セカンドパートナーの募集ならココ!正しい見つけ方教えます , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.