セカンドパートナー関連記事

セカンドパートナーは法律的に問題なし?離婚や慰謝料は?

投稿日:

セカンドパートナーは肉体関係がないという点で不倫とは明確に区別されますが、本当に法律的に問題ないのでしょうか。セカンドパートナーを見つけて楽しみたいけれど、今の家庭を壊したくない方も多いかと思います。

特に子供がいる過程では、親の一時的な恋愛でその後の人生が変わってきてしまうかもしれません。

そこでこのページでは、セカンドパートナーが法律的に問題ないのか、どういったトラブルになる可能性があるのかについて解説します。

セカンドパートナーに対する法解釈

法律
まずセカンドパートナーではなく不倫をした場合ですが、不倫は基本的に肉体関係を持っている場合のことを指します。

法律上は不倫という用語ではなく不貞行為に該当しますが、不貞行為があれば離婚成立、慰謝料支払いにつながる可能性が高いです。

特に不貞行為の現場証拠を押さえられていると立場は圧倒的に不利で、ほぼ確実にパートナーの要望が通ってしまうことでしょう。

一方でセカンドパートナーはどうでしょうか。セカンドパートナーは肉体関係がない以上不貞行為には該当しません。

つまり、少なくともその点では法律的に問題なしと言えます。しかし、だからといってセカンドパートナーが法律的にまったく問題ないわけではありません。

まず完全にプラトニックな関係であったとしても、パートナーがそれに対して不満を持っていれば、夫婦関係を継続するのが難しい状況に該当する可能性があります。

そうすると、離婚や慰謝料請求が認められる可能性があります。

もちろん不貞行為があった場合に比べれば立場は有利で慰謝料も少なく済みますが、離婚や慰謝料問題につながる可能性がゼロではないことは知っておいた方が良いでしょう。

とは言うものの、完全にプラトニックな関係であれば法律上不利になることは少ないです。仮に裁判になったとしても、お互いの合意の上で離婚になり、慰謝料も発生しない場合が多いです。

パートナーの心理上の問題がある

裁判
以上のように、セカンドパートナーは法律的には問題にならない可能性が高いが、裁判によっては慰謝料を取られてしまう事例もあるということでした。

弁護士は法律をクライアントの弁護のために活用するのがうまいので、本来法律上は問題のないセカンドパートナーであってもうまく慰謝料請求に持っていかれる可能性があるということです。

不貞行為に該当しなくてもパートナーがセカンドパートナーの存在によって精神的ストレスを感じる可能性が高いことは事実なので、その点を突かれる可能性は高いですね。また、そもそもセカンドパートナーによって家族関係が壊れてしまえば法的にセーフでも家族のなかでは問題です。

特に子供がいる場合、子供が親のセカンドパートナーについてどのように捉えるかという問題もあります。

人の価値観はそれぞれで家族のあり方も多様な現代において一概には言えませんが、セカンドパートナーをきっかけに家庭崩壊した事例も存在します。

肉体関係を伴う不倫ほどではなくても、セカンドパートナーの存在を快く受け入れる家族の方が珍しいかもしれません。

ちなみにセカンドパートナーの存在は隠す場合もあれば、あらかじめ家族に打ち明ける場合もあります。

どちらが良いかは何とも言えませんが、事前に打ち明けておいた方がトラブルに発展する可能性は低いでしょう。

ただし不倫に発展した場合はセカンドパートナーの存在を打ち明けていた場合の方がバレるリスクが高いです。

パートナーにセカンドパートナーの存在を打ち明けておくのであれば、不倫に発展しないことが前提です。

パートナーにセカンドパートナーの存在を伝える際ですが、なるべくセカンドパートナーという表現はしない方が良いかもしれません。

不倫に近い印象を持つ人が多いと思われるので、普通に友人ということにしておけば良いでしょう。

異性の友人を持っている人が大半かと思いますが、その異性の友人のなかでも特に仲が良い友人くらいの位置付けであれば、二人で会っているとしても不思議ではありません。

友達以上恋人未満のセカンドパートナーだとパートナーに伝えてしまうと不倫の疑いを持たれる可能性が高いので、友達としておけば問題ありません。

実際セカンドパートナーと不倫の間には肉体関係という線引きがありますが、セカンドパートナーと友人の間の線引きはありません。

なぜならセカンドパートナーと友人の違いはあくまでも本人たちの心境だけだからです。

プラトニックである以上肉体的に何かするわけではないので、ある意味思想の自由や表現の自由の範疇です。

相手に対して何を思って何を伝えるかは自由なので、友人との違いは自分の胸の内やセカンドパートナーとの間だけで留めておくと良いでしょう。

ここまでセカンドパートナーは法的に問題にならない可能性が高い、パートナーには友人と伝えておけば問題ない、といった説明をしてきましたが、それでもやはりパートナーが不快に思い、その結果家庭崩壊につながる可能性は否定できません。

セカンドパートナーをお探しの方は、リスクも配慮したうえで意思決定することをおすすめします。

-セカンドパートナー関連記事

Copyright© セカンドパートナーの募集ならココ!正しい見つけ方教えます , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.